『清澄白河エキスポ』の会場は

深川江戸資料館通り商店街の一部を車両通行止めにして開催してます。

今回はこの「車両通行止め」について少しお話します。

この通行止めはキヨスポを開催する為に行っているのではなく、

実は既にある交通標識を利用したに過ぎません。

IMG_20151214_170207

日付、曜日、時間の指定なども条件が色々詳しく決まっています。

深川近辺で生まれ育った中高年以上の方ならご存知かとは思いますが、

コレはその昔ここで縁日が開催されていた名残りです。

資料館通り商店街から横道に入った所に『白笹神社』があります。

36345

そして、、、

その横に隣接する『子育て地蔵』

36344

このお地蔵さんの縁日を毎月3の付く日に開催していました。

ですが、江東区役所が東陽町に移転し

(現在『深川江戸資料館』が在るところが以前は区役所でした)

それに伴い行政関係の施設も次々と移転していきました。

当時はまだ『清澄白河』という駅は存在しておらず、

都立現代美術館すらもまだなかったので、

”江東区役所本庁舎” というランドマークを失った商店街から

徐々に人の流れが減ってゆき、

そのまま縁日は開催されなくなってしまったようです・・。

ですが、縁日が開催しなくなった後も、

商店街の通りの真ん中に櫓を立てて盆踊りをやったり、

商店街の細長い作りを利用し綱引き大会を開催したりと

かなりチャレンジングなことも色々行ってきていたようで、

当時このような活動をされていた、

商店街組合の役員様からこの時代のお話を伺うととてもワクワクします。

・・でも、このようなチャレンジングな活動もここ数年は減ってきており、

縁日がなくなってから40年あまりもの間

”車両通行止め” の標識はただ立ててあるだけの、

オバケ標識となってしまっているのが現状でした。

IMG_20151214_170236

数十年前、縁日がきっかけで設置された標識ですが、

今度はその標識がきっかけで『清澄白河エキスポ』を開催する事が出来ます。

継承するのは標識が示す道交法だけではなく、

地元住人の方にとって楽しみでワクワクする行事

といった縁日が本来持っているチカラも継承していければと思っております。

そしてそれが更なる人を呼ぶ大きなイベントになっていけたらとても嬉しいです。

43357

もしキヨスポにご来場頂ける機会がありましたら、

是非『白笹神社』にもお立ち寄り下さい。

とても風情のある良い神社ですよ。。

36348

カフェ、雑貨屋、スイーツ、、といったお洒落で可愛い部分ばかりがスクープされがちな

昨今の清澄白河ですが、

このような歴史こそが清澄白河、、否。『深川』が本来持っている”味”だと私は思います。

 

キヨスポ運営 らんたん

 

レキシ