今月のキヨスポは14日、、つまりバレンタインデーです。

カフェ、雑貨屋、セレクトショップ、輸入小物のお店、、など次々とオープンしている清住白河ですが、

なんとそのオープンラッシュの中に ”チョコレート専門店” もあるんです♪

しかもキヨスポの会場となっている深川資料館通り商店街内に

去年の11月にオープンしたんです。。

『Artichoke chocolate』 HP > http://www.artichoke.tokyo/

ただ「素材にこだわり、時間と手間を掛け丁寧に作る」というだけでなく、

むしろArtichokeさんはそこからの+αが更に凄いと思います。

ブティックの様な店内にギャラリーの様な商品のディスプレイ、遊び心のあるチョコレートのデザイン、、、

パッケージもお洒落でつい手に取りたくなる商品で溢れてます。

お店へご挨拶に伺った際、『BRAZIL』というチョコレートを頂いたのですが、

お店の方に「口当たりはクリーミーですが、後味はグレープフルーツの様な爽やかな酸味と苦みを感じるチョコレートです」

と説明を受け、いざ頂いたのですが

「(口当たりはクリーミーだけど、後味はグレープフルーツみたいな酸味と苦みがある‼)」

と笑っちゃうぐらい本当にそのまんま感じました!

キヨスポ開催日がバレンタインデーとかぶりましたし、

もしチョコをお探しでしたらArtichokeさんはお薦めです♪

営業日や営業時間はやや変動的なのでお店のフェイスブックでご確認下さい。

 

キヨスポ運営 らんたん

チョコレート